【総額80万円以上!!!!!】ディズニー英語システム(通称:DWE)の導入を本気で検討しました!!!!! ※2019年4月版対応

こんにちは。wasatakaです。

皆さん、*ディズニー英語システム(通称:DWE)というものをご存知でしょうか?

ディズニー英語システムの公式HPを見る

DWEは幼児向け英語教育教材であり、日本でのシェアNo.1となっております。

しかし、その価格はなんと80万円以上!!!!!(フルパッケージの場合)

なぜ、ここまで高価なDWEが人気があるのか?

今回導入を検討しているので、集めた情報を記事にしました。是非参考にしていただければと思います。

ちなみに、本記事では2019年4月の最新版DWEを対象としています。

1.ディズニー英語システム(DWE)とは?

1-1.DWEの特徴

ディズニー英語システムの特徴を簡単にまとめると以下のようになります。

・ディズニーをテーマにした幼児向けの英語教材

・幼児向け英語教材のシェアNo.1

0歳から使用できる

・CD、DVD、絵本、おもちゃなどで遊びながら英語を学ぶことが出来る

・英検準1級レベルの英語力が身に付く

・教材パッケージの料金は、60万~80万円以上
 ※教材単品でも購入できるが、効果は薄くなる

・教材は英語しか使われない(日本語は一切出てこない)

1-2.DWEの購入検討のきっかけは?

私がDWEの購入検討のきっかけになったのは、子供が1歳になるタイミングで取り寄せたDWEのサンプルDVDを見たことです。

サンプルDVDには、いくつかのコンテンツとDWEの宣伝動画が入っていたのですが、英語のコンテンツを子供が食いつくように集中していたのを見て、「これは今からやればネイティブに近い英語力が身に付くかもしれない」と直感しました。

実際、DWEの宣伝に出てくる子供たちはかなり発音が上手く、ネイティブに近い感じでした。

また、勉強しているという感覚無く、英語力が自然に身に付くというのも良いポイントだと思いました。

1-3.DWEの教材内容は?

DWEは遊んで学べる英語教材がたくさんありますが、どういうものがあるのか紹介したいと思います。

プレイ・アロング・セット

映像に登場する親子と一緒におもちゃを使って英語を学びます。

一般価格:48,000円(税抜き)

シング・アロング・セット

日常会話のフレーズを歌詞にした英語の歌が約130曲。覚えた歌詞を日常会話に応用出来ます。

一般価格:168,000円(税抜き)

トークアロングカード

英単語だけでなく文章も学べる、かわいいディズニーキャラクターのカードのセットです。

一般価格:263,000円(税抜き)

ストレート・プレイ

登場する人物の動作や言葉の意味を、楽しい映像を見ながら正しく理解することが出来ます。

一般価格:148,000円(税抜き)

絵本とCD

ミッキーたちがくり広げる楽しいストーリーから、日常会話や重要な表現が自然に身に付きます。

ステップ・バイ・ステップ

覚えた英語を「自分のことば」にするためのレッスンやアクティビティがいっぱい!

1-4.DWEのメリット

ALL Englishの教材である

教材には英語しか使われていないため、ネイティブの赤ちゃんが語学を習得するのと同じ過程で英語を身に付けることが出来ます。

そのため、日本語を習得していない時期(0~3歳まで)から始めるほうが効果的のようです。

各教材が連動している

CD、DVD、おもちゃなどが連動しており、教材としての完成度が高いです。例えば、DVDで出てきた単語がおもちゃでも出てくることで、繰り返し学習することが出来ます。

歌で学ぶことが出来る

DWEに出てくる歌はクオリティが高く、何度でも聞きたくなるような仕上がりになっています。語学は歌で覚えることで、定着しやすくなるという研究結果も出ており、理にかなっております。

1-5.DWEのデメリット

金額がめちゃくちゃ高い

皆さんがデメリットとして、まず挙げられるのが価格です。他の幼児向け教材と比較してもかなり高いです。

分割でも支払いが出来るようですが、金利も非常に高く(年利12%)、総額で考えると100万円を越える場合もあるようです。

習得できる単語だけでは日常会話レベルには不足

DWEに出てくる単語は日本の中学レベルまでの単語になります。そのため、簡単な会話には困らないレベルに達しますが、ネイティブの人と日常会話をするには全然足りません。

英語力をさらに上げるには、DWE以外の教材も合わせて使う必要があります。

親の根気が無いと途中で挫折する

DWEは成功した人と失敗した人が極端に分かれるようです。成功する人はやはり継続できる人ということになるのですが、そのためには親の根気が必要です。

子供がDWEに飽きたり、他のことの方が興味が出てきたときにどのように親が接するかが重要だと感じました。一番良いのは、親も遊び感覚で楽しんでやることのようです。

「やらなきゃいけない!!」という義務感で英語に接すると親も子供も挫折してしまい、教材が奥深くに眠ることになるでしょう。。。

1-6.DWEは本当に効果があるの?(失敗談まとめ)

本当にこの教材を使えば、ネイティブのような英語力が身に付くのか?気軽に買える値段ではないため、ここは慎重にならなくてはいけません。

ということで、実際に、DWEを購入して失敗した人たちの声を集めてみました。

1歳娘の母

ただ、英語のDVDやCDを流すだけで、子供が単語そのものの内容を理解していなかったため、身に付かなかった。例えば、2歳の子は魚釣りやサーカスの実体験が無いため、イメージが湧かない。その子にあった内容を流すことが大事です。

2児の母

子供が、日本語も理解できないような小さい時は、英語のDVDも文句を言わずに見てくれます。
ですが、幼稚園生ぐらいになってくると「日本語で見たい」と言ってくるようになり、英語のDVDを見ることを嫌がるようになってきた、という話をよく聞きます。
これは、ディズニー英語システムに限ったことではなく、英語育児をしているママ達からたびたび見耳します。

2児の母

下の子が生まれるまでは、楽しく活用していました。でも間もなく上の子の赤ちゃん返りが始まり、イヤイヤ期も重なって、なかなかDWEで遊ばなくなってしまいました。時々思う「DWEやらなきゃ」っという後ろめたい気持ちが、ストレスに追い討ちをかけ・・・そしてWFクラブの大会&教材の撤去を決断しました。

完璧主義者のママ

大量にある教材のセットを正しい順番で記録をつけながら進めようとするあまり結局、教材の使用頻度が落ちて・・・フェイドアウト。。。

2.まとめ

いかがでしたでしょうか。

ディズニー英語システムの導入を検討している人に、今回の記事がお役に立てばうれしいです。

Regards,wasataka.